トップページ > 施術師

施術師 紹介

鈴木 芳明

施術師

1967年3月生

元競輪選手
25年間アスリートとして選手生活の中で
度重なる怪我(鎖骨骨折6回 肩甲骨骨折 肋骨骨折 大腿骨骨折 打撲、擦過傷数知れず)
スポーツ障害(膝滑膜炎 内視鏡手術等)を経験。

回復復帰を目指し、治療リハビリに国内外の治療院を尋ね周り 様々な手技・手法を受診していくなか 施術家の方々と苦しみも喜びも分かち合える事を知る。「この体験を活かし 自分も元気になる人を創りたい!」と一念発起。

2012年12月
ボディーアライメント「POSISTRY」(ポジストリー)を開業。
2015年11月
ALS(筋萎縮性側策硬化症)から奇跡的に回復した後輩に「ごしんじょう療法」を紹介される。施術後 様々な病歴を持つ来院者の方々から症例を聞き衝撃を受ける。
2016年1月
日本貴峰道協会 主宰 貴田暉照氏に師事。
2016年5月
「ごしんじょう療法師」認定を受ける。

ご来院の際ジャージ・スウェット等 薄手で柔らかい生地のものを着用お願いします。
尚、当院でも用意してございます。

明るく清潔感のある空間で リラックスしていただける施術院です。